必見!高校受験の社会の勉強法を紹介

・高校受験の社会の特徴

高校受験の社会は暗記科目と言っても過言ではありません。よって、頭がいいとかセンスがあるとか関係なく、やると得点をとれるようになりますしやらないと点数をとれないというある意味わかりやすい科目になります。言い換えれば誰にでもチャンスがある科目とも言えますね。

高校受験の社会は地理、歴史、公民の3分野があり、この3つの分野から2つを融合させた問題や3つ全てを総合した問題も高校受験では出題されます。よって地理、歴史、公民のなかで1つでも苦手分野があるとその分野の問題だけではなく、融合問題、総合問題も点数をとることができなくなるので、大きく点数を落としてしまうことになってしまいます。

高校受験の社会の特徴は暗記科目で苦手な分野をつくってはいけないので、たくさんのことを暗記する必要があります。もちろん中学1年から3年までの内容を全ておぼえることができれば理想ですが、他の科目の勉強もありますし現実的ではないので、高校受験で出題されやすい要点に絞って効率の良い勉強法で量をこなしていくことが社会で高得点をあげるコツになります。

 

 

 

 

・高校受験の地理の問題の特徴や勉強法

高校受験の地理の問題では地図や統計資料(グラフ)が添付された問題がたくさん出題されるのが大きな特徴です。よって用語をおぼえるという勉強法だけでは解いていくことができません。

まず、地図を使った問題を解けるようになるためには、日頃から地図を見て確かめる習慣をつけておくことが大切です。学校の授業の時も、自宅で学習する時も地理の勉強をするときには常に地図を見ることができる状態にしておいて、地名が出てきたときは地図でどの位置にあるかを確かめることを習慣づけましょう。

グラフを使った問題はグラフの読み取り方を理解しているかどうかで、正解率が大きく異なってきます。グラフの読み取り方を理解するためには、できるだけたくさんの問題を解いていくしかありません。解説が充実している参考書には、読み取り方を理解するコツが掲載されているので、それを参考にしながら読み取り方を理解していきましょう。

地理は歴史と違って、必ずしも習った順番毎に勉強していく必要はありません。地理の勉強を始めたけど序盤でつまずいて苦手としているという人は、そこで停滞するのではなく、一度先に進んでみて自分が興味を持てるところや分かりやすいと思えるところから先に勉強していくのも効率の良い勉強法だと思います。

 

 

・高校受験の歴史の問題の特徴や勉強法

高校受験の社会は他の科目のように思考力を求められるのではなく、知識を順序よく整理しておぼえているかを求められる科目になりますが、その特色がより大きく出るのが歴史です。

歴史の勉強をするときは常に時代や年代を意識しておく必要があり、前後関係も一緒におぼえていく必要があります。歴史の勉強は時代を順序よく学んでいくことになりますが、一つ一つバラバラのものとしておぼえるのではなく、常に時代のつながりを意識しておぼえていく習慣をつけながらおぼえていくことがポイントになります。

高校受験の歴史問題では年代の並び替え問題が多いので、年代をおぼえる勉強は重点的に行っていくことが大切です。

年代のおぼえ方は特にこだわる必要はありません。丸暗記でも語呂合わせでも何でもいいので、とにかくおぼえることができれば良いのです。このおぼえ方をどうするかに時間をかけてしまう人もたくさんいますが、高校受験まで時間が限られているので、おぼえ方にこだわりすぎて時間を消費してしまうことのないように、暗記するという結果を重視してとにかく暗記するという心構えでおぼえていきましょう。

 

 

 

・高校受験の公民の問題の特徴や勉強法

公民は中学3年生から習うことになるので、地理や歴史と比べると復習もしやすい分野になります。しかし、聞き慣れない難しい用語がたくさん出てきますし、中3から習うということもあって、難しいイメージをもっている人も多いのではないでしょうか。

一見難しそうに思える用語もきちんと理解しておぼえてしまえば、高校受験では正解しやすく点数をとりやすい分野になります。

自分で公民を勉強する時には、用語の説明が丁寧で分かりやすい参考書を選んで勉強するのがおすすめです。

公民の受験問題で多いのが、公民の重要な語句の使い方や意味の間違いを探す問題です。

よくあるケースが、「基本的人権の尊重」や「男女雇用機会均等法」など公民で重要な語句が入っている文章が3から4つ並べられていて、間違っている文章を選びなさいという問題です。このタイプの問題は重要語句の意味をきちんと理解しておけば、簡単に間違いかどうかわかるので、重要語句をしっかりと理解しておくことが大切になります。

また、条文に関する問題で「次の空欄に語句を入れなさい」という問題もよく出てくるので三権分立や日本国憲法など、よく受験問題で出てくる条文はしっかりとおぼえておくことも大切です。

 

 

 

英語攻略が合否の分かれ目!高校受験のための英語勉強法について